デジタルマーケティング戦略

デジタルマーケティング戦略の立案・実行の重要性が高まっており、多くの企業でさまざまな戦略が立てられています。デジタルマーケティングを取り入れることで、リード獲得や顧客フォローなどの幅広い施策を効率的に実施する仕組みを構築できる利点があります。この記事ではデジタルマーケティング戦略を立てる上で知っておきたい手法や最新トレンドをご紹介します。

目次

デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティングとはデジタル技術、ITを活用するマーケティング手法です。光回線や4G・5Gなどの高速ネットワーク回線が普及し、パソコン・スマートフォンを日常的に利用する時代になりました。情報収集や購入をおこなう場所がインターネット上に移ったことに伴い、マーケティングのアプローチもオフラインとオンラインの両視点が必要になりました。

デジタルマーケティングは消費者行動の変化に合わせて生み出され、近年急速に成長している分野です。AI、IoT、VRなどの登場により、デジタルマーケティングの可能性はさらに広がっています。

デジタルマーケティングは個別化を実現する

デジタルマーケティングはテレビCMや店頭イベント、新聞折り込み広告やポスティングなどによるオフラインのマーケティングとは異なる性質があります。デジタルマーケティングは個別化を実現し、顧客が求めているサービスを受けられる仕組みを構築ができます。

また、顧客の個別行動をデータとして蓄積・管理・分析し、購買行動に導くシナリオを立てるなど、データドリブンなパーソナライゼーションも益々広がっています。

デジタルマーケティング戦略を検討する際は、デジタルマーケティングを単体の施策として考えるのではなく、消費者がオンラインとオフラインの相互を行き来できる、オムニチャネルでのアプローチを意識して施策を設計することが大切です。そのため、全体構成を意識した戦略立案が重要となります。

Webマーケティングとの違い

デジタルマーケティングによく似た言葉として、Webマーケティングがあります。しかし、厳密にいうと、同義ではありません。

WebマーケティングはWeb技術を利用するマーケティング手法を指します。Webに関連する技術はデジタル技術の一部なので、Webマーケティングはデジタルマーケティングの中で初期から着目されてきた一手法という位置づけになります。

Webマーケティングがデジタルマーケティングで重要な役割を果たしているのは確かです。しかし、Webに限定せずにアプリやフィンテック、VRやARなどのデジタル技術も統合すれば、さらに売上を伸ばすチャンスがあります。広い視野でデジタル技術を活用するのがデジタルマーケティング戦略を立てる上で欠かせない観点です。

デジタルマーケティングの手法9選

デジタルマーケティングの戦略立案には、具体的な手法についての理解が必要です。ここではデジタルマーケティングとして近年よく取り入れられている9つの手法をご紹介します。

1. Webサイト

Webサイトの活用はWebマーケティングの主軸です。デジタルマーケティングでもWebサイトを構築することは基本的なアプローチとしてよく用いられています。

コーポレートサイトを制作して会社の事業内容やサービスコンセプト、拠点・店舗情報などを発信すれば多くの消費者の目に留まります。商品を販売するECサイトや店舗利用の申し込みができる予約サイトなどのサービスサイトは、顧客獲得に直結する有用なWebサイトの活用方法です。

また、オウンドメディアの運用による集客やブランディングもWebマーケティングの手法として注目されています。オウンドメディアとは、消費者視点で有用なコンテンツを配信するメディアを運営して集客をしつつ、自社の商品やサービスに関連する興味関心を深く持たせるためのWebサイトです。また、各種WebサイトはSEO対策を講じて、検索エンジンの検索結果で上位表示させて集客や売上増を目指します。

→Airz Consultingの【Webマーケティング戦略 無料相談】に申し込む

2. デジタル広告

デジタル広告は販売促進や認知拡大、Webサイト・店舗への集客やアプリの利用などを促進するためのデジタルマーケティング手法です。検索エンジンでの検索結果で上部や下部に表示されるリスティング広告やポータルサイトなどに表示されるディスプレイ広告を代表として以下のようにさまざまな種類のデジタル広告があります。

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • リターゲティング広告
  • ネイティブ広告
  • 記事広告
  • SNS広告
  • 動画広告
  • デジタル音声広告
  • アフィリエイト広告
  • リワード広告
  • アドネットワーク広告
  • 純広告
  • デジタルサイネージ
  • タクシー広告

デジタル広告を打つことで、消費者が情報を探しているときに検索結果や記事の中から発見しやすくなります。さらに、純広告やデジタルサイネージでは消費者に知らなかった情報を目にして認識してもらえるのが特徴です。広告の出稿先によって期待できるマーケティング効果に違いがあるので、目的に合わせて選ぶ必要があります。

→Airz Consultingの【デジタル広告戦略 無料相談】に申し込む

3. SNSマーケティング

SNSマーケティングはInstagram、Facebook、Twitter、LINEを代表するSNSを利用するデジタルマーケティングです。公式アカウントを作成して投稿し、ファンやフォロワーの獲得、ユーザーとのコミュニケーション、ブランディングなどを目指して運用します。

SNS広告を出稿したり、関連業界で影響力があるインフルエンサーを起用してマーケティングをすることも可能です。Instagramショッピングなどの機能を使って販売促進をSNSで直接的に進めることもできます。

→Airz Consultingの【SNSマーケティング戦略 無料相談】に申し込む

4. 動画マーケティング

動画マーケティングは動画コンテンツを利用するデジタルマーケティング手法です。

YouTubeやTikTokで配信する方法、自社Webサイトに動画を埋め込んで使用する方法、セミナーやイベント、プロモーション活動に利用する方法があります。昨今ではYouTubeなどの動画SNSで配信すると広いユーザーにリーチできるチャンスがあることから、公式アカウントの運用がよくおこなわれています。

→Airz Consultingの【動画マーケティング戦略 無料相談】に申し込む

5. ウェビナーマーケティング

ウェビナーマーケティングとは、ウェビナー(オンラインセミナー)にてサービスや商品をプロモーションする手法です。ウェビナーは会場費用がかからないため、リアルイベントと比較して低コストでできます。また、参加者はリモートで視聴できるので、リアルではリーチできなかった層へアプローチすることが可能です。

ウェビナーの実施方法としては、リアルタイム配信、録画配信、ハイブリッド配信などがあります。配信方法を目的によって使い分けられる点が特徴です。ウェビナーは特にBtoBビジネスで効果が上がりやすいマーケティング手法として知られ、多くの企業で実施されています。

→Airz Consultingの【ウェビナーマーケティング戦略 無料相談】に申し込む

6. マーケティングオートメーション

マーケティングオートメーションはデジタルマーケティングで活発に取り入れが進められている自動化の手法です。マーケティングに必要なリソースを抑えつつ、ユーザーへのタイムリーなアプローチをする仕組みを構築するシステムです。

マーケティングオートメーションではデータに基づいてリードの獲得・管理・育成を自動化することができます。プッシュ通知の配信によってサイトへのアクセスや店舗への来店を促したり、ユーザーの行動情報や購入履歴に基づいてレコメンドをしたり、ユーザー属性に合わせてメールを送ったりすることが可能です。購入した顧客にフォローのメッセージを自動で送るなど、業務効率を上げつつ顧客満足度を上げる施策を自動でおこなえるのが特徴です。

→Airz Consultingの【マーケティングオートメーション戦略 無料相談】に申し込む

7. メールマーケティング

メールマーケティングはリードや既存顧客にメールを配信し、情報を届ける手法です。個別にメールを送付するeDMと一斉配信型のメールマガジンが主な方法で、セールやキャンペーンの案内、新商品情報の提供、限定クーポンの配信などがよく用いられています。顧客管理システム(CRM)に顧客の行動履歴を蓄積し、一定の条件を満たした顧客に対してメールを配信するシナリオをマーケティングオートメーションで作成することで、メールマーケティングを自動化できます。

→Airz Consultingの【メールマーケティング戦略 無料相談】に申し込む

8. アプリマーケティング

アプリマーケティングはアプリを利用するデジタルマーケティング手法です。スマートフォンやタブレットで利用できるアプリを介して消費者にアプローチします。アプリユーザーに限定情報や限定クーポンを配信したり、プッシュ通知でゲリラセールのアナウンスをしたり、アプリ経由での購入で特典を付与したりします。アプリのダウンロード・インストールを促すプロモーション活動もアプリマーケティングの一環です。

→Airz Consultingの【アプリマーケティング戦略 無料相談】に申し込む

9. IoT活用

IoTとは「Internet of Things」の略語で、インターネットにつながっているモノのことを指します。提供商品をインターネット接続する仕組みを作り、利用状況や環境情報を取得することでデジタルマーケティングに活用できます。具体的なデータ活用方法としては、消耗品の交換時期にメールで連絡したり、利用状況から見てより良い商品をサジェストしたりなどがあります。

デジタルマーケティングの最新トレンド

ITの進展によって新しいデジタルマーケティング手法も誕生しています。デジタルマーケティング戦略を立てる上では、最新トレンドも加味することが大切です。なぜなら、デジタルマーケティングを成功させるポイントは、リーチしたい顧客が使っているデバイスや環境、行動に合わせることだからです。ここでは、特に押さえておきたい3つのトレンド手法を確認しておきましょう。

モバイル最適化

スマートフォンでの情報収集、商品購入は幅広い世代に定着しています。コンバージョン率を上げるためには、ユーザーエクスペリエンスの向上が欠かせません。

モバイル対応のレスポンシブデザインにしたサイト構築はもちろんのこと、消費者の位置情報をGPSで取得し、最適なタイミングで情報を届けられる仕組みも注目されています。またSEOの観点でも、モバイルフレンドリーに設計されているウェブサイトの方が検索エンジンから評価されると言われています。

チャットボット・Web接客

チャットボットやWeb接客の活用はユーザーエクスペリエンスの向上に役立ちます。チャットによる問い合わせサービスは、気軽に疑問点を質問できる点でメールや電話問い合わせと比較して優れています。

顧客のちょっとした疑問にスピーディに対応することでユーザーエクスペリエンスを向上し、ウェブサイトやサービスからの離脱を防ぎ、最終的にはコンバージョン率アップに繋がります。デジタルマーケティングは一方通行になりがちなため、双方向コミュニケーションができるチャットボットやWeb接客ツールの活用はユーザーエンゲージメントの向上にも効果を発揮します。

VR

VR(バーチャルリアリティ)は消費者に体験をしてもらうアプローチとして注目されています。デジタル技術による仮想空間でありながらも、リアルに限りなく近い体験ができる点がVRの魅力です。

最近は家具や自動車、リゾートスポットや宿泊施設などをVRで確認してから申し込めるサービスが増えてきています。店舗に足を運ばずとも商品の形状やサイズ感が把握できるため、ユーザー側の利便性が高いと考えられています。

VRを活用する消費者、VRでサービスや商品を提供する事業者の双方が増えることでVRを活用したデジタルマーケティングも普及が見込まれる手法と言われています。

デジタルマーケティング戦略立案における注意点

デジタルマーケティング戦略を立てる際には、多様な候補から適切な手法を選ぶことが重要なポイントです。戦略立案をするときには以下2点に注意して検討を進めましょう。

1. 消費者・顧客の理解に努める

デジタルマーケティング戦略の立案には消費者行動の理解が欠かせません。データに基づいた分析だけでなく、行動データの裏にある心理にも目を向けて理解する必要があります。行動にあった施策を打つのではなく、心理に合った施策を打つことを念頭において戦略を設計しましょう。

2. 目的に合わせた最適化を重視する

デジタルマーケティングでは動画、AI、VR、チャットボットなどのさまざまなアプローチがあります。しかし、あらゆる手法を組み合わせることを考えるのではなく、目的志向で最適化をすることを意識します。そのためには、戦略に紐づくROIやKPIを達成するために何が必要か考えるといいでしょう。また、定期的にデジタルマーケティング戦略を見直し、必要に応じて最新のデジタル技術の導入も検討しましょう。

デジタルマーケティング戦略を成功させるためには

デジタルマーケティング戦略の立案と成功には、各マーケティング手法を理解し、目的に合った組み合わせで運用していくことが鍵となります。

Airz Consultingでは、今回ご紹介した各デジタルマーケティング手法に精通しているコンサルタントが多数在籍しており、マーケティング戦略の全体設計から施策の実施まで幅広くご支援しています。
デジタルマーケティングの最新トレンドを知りたい、自社のマーケティング施策を見直したいなどのご要望がありましたら、お気軽にAirz Consultingの無料相談へお申し込みください。